趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学駅伝は残念ながら青学は準優勝。
悲願の三冠は東洋大学の執念の走りにねじ伏せ
られてしまいました。
よくよく考えれば今まで3位が最高順位でシードを
とったのも一昨年が初めてのチームが2位で
これほど落胆するほど強いチームになったのだと
いうのもすごい事だと思います。

思い返せば今の4年が1年だった2012年の
全日本大学駅伝の関東予選(国立競技場)。
1組目(1年小椋、2年三野)、2組目(1年橋本、
2年山田)、3組目(2年川崎、2年藤川)、
4組目(4年出岐、4年大谷)での予選は、戦前通過は
確実視されながら、3組目、4組目の不調で終わって
みれば14位の惨敗(通過は上位5校のみ)。
そのレースを目の当たりにしたものから見れば、
その時の予選で走った小椋君、橋本君が3年後に
優勝を争うチームで走っていたのは感慨深いものが
あります。
(翌年の2013年は前年の小椋、橋本に加え神野、
久保田、一色が走り見事予選を突破しました)

3冠を目標にしていたチームにすれば今回の結果は
ショックが大きいと思いますが、青学カラーを全面に
出し気持ちを切り替え前を向いて箱根連覇を成し
遂げて欲しいと思います。

何かと今回の結果でここぞとばかり心ない批判
(というよりバッシング)が目につきますが、陸上を
もっともっと盛り上げていこうという原さんの考えは
間違っていないし選手も競技に真摯に向き合って
います。
これからも青学を全力で応援していきます。

全日本大学駅伝は残念ながら青学は準優勝。
悲願の三冠は東洋大学の執念の走りにねじ伏せ
られてしまいました。
よくよく考えれば今まで3位が最高順位でシードを
とったのも一昨年が初めてのチームが2位で
これほど落胆するほど強いチームになったのだと
いうのもすごい事だと思います。

思い返せば今の4年が1年だった2012年の
全日本大学駅伝の関東予選(国立競技場)。
1組目(1年小椋、2年三野)、2組目(1年橋本、
2年山田)、3組目(2年川崎、2年藤川)、
4組目(4年出岐、4年大谷)での予選は、戦前通過は
確実視されながら、3組目、4組目の不調で終わって
みれば14位の惨敗(通過は上位5校のみ)。
そのレースを目の当たりにしたものから見れば、
その時の予選で走った小椋君、橋本君が3年後に
優勝を争うチームで走っていたのは感慨深いものが
あります。
(翌年の2013年は前年の小椋、橋本に加え神野、
久保田、一色が走り見事予選を突破しました)

3冠を目標にしていたチームにすれば今回の結果は
ショックが大きいと思いますが、青学カラーを全面に
出し気持ちを切り替え前を向いて箱根連覇を成し
遂げて欲しいと思います。

何かと今回の結果でここぞとばかり心ない批判
(というよりバッシング)が目につきますが、陸上を
もっともっと盛り上げていこうという原さんの考えは
間違っていないし選手も競技に真摯に向き合って
います。
これからも青学を全力で応援していきます。



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2015/11/03 12:46】 | 大学駅伝
トラックバック(0) |
いよいよ明日、三大駅伝の二つ目の全日本大学駅伝が
開催されます。
各大学の最終エントリーも発表され、少しずつドキドキが
始まってきました。
我が青学も堂々と他大学の配置を気にすることなく
一次登録から変更なく次のメンバーが出走します。

一色-小椋-田村-久保田-下田-渡邊心-橋本-神野

青学の最大のライバルと目される駒澤はエントリー
変更で1区中谷、2区工藤、3区西山、4区其田で
トップを奪い逃げ切りを図る作戦。
東洋も服部兄弟を1,2区に配し、先行する作戦。
青学は当然先行していく配置だが、万が一少々
出遅れても4区久保田でトップ奪還し、それでも
縺れたらアンカー神野でも勝負できるという
万全の配置が出来たと思います。
そこでキーとなるのは所謂つなぎの区間といわれる
5,6,7区でそこを穴なく走れれば全日本初Vは
間違いなく達成できると信じています。
渡邊心から橋本、橋本から神野の襷渡しが笑顔で
できるようなレース展開を見てみたいと思います。


【2015/10/31 21:35】 | 大学駅伝
トラックバック(0) |
箱根駅伝予選会も終わり、次のビックイベントは
11月1日に行われる全日本大学駅伝となります。
青学も本日エントリーメンバー13名を発表。
先日の出雲の最終登録7名(小椋、久保田、山村、
渡邊利、一色、下田、中村)に4年生4名(伊藤、神野
橋本、渡邊心)、2年生1名(田村)、1年生1名(梶谷)
を加えたもの。
3年生が一色君一人というのは寂しいが、実力的に
4年生が充実しているということでしょう。
現状での予想配置は次の通り。

一色-久保田-中村-小椋-山村-田村-下田-神野

1,2,4,8区に四天王が配置されるのは間違い
ないと思いますが、配置は去年と同じとしました。
それ以外の選手は実力が伯仲しており、誰が出てくるか
全く予想がつきませんが、5人目の確定選手は下田君
かと思います。
元々長い距離を得意としているところに距離の短い
出雲に出走し経験を積んだことから怪我さえしなければ
三大駅伝全て出走してくるのではないのでしょうか。
それにしても箱根のエントリー16名を考えると
誰が入って誰が外れるのか見当もつきません。
少なくても実力的に箱根エントリーされても不思議では
ない選手は全日本の13名の他、4年(村井、松島)、
年(秋山、安藤、池田、田村健、茂木)、2年(吉永)等
まだまだいます。1年生も夏合宿を経て大きく成長した
選手もいたはずです。本当に原監督ではないが2チーム
出したいぐらいです。

チームエントリー(13名)
                5000mPB   10000mPB
伊藤 弘毅(4年)     13:48.38     29:28.01
小椋 裕介(4年)     13:55.97     28:27:73
神野 大地(4年)     14:04.58     28:41.48
久保田和真(4年)     13:49.27     28:30.78    
橋本 崚 (4年)      14:10.90     29:10.18
山村 隼 (4年)      14:00.06     29:13.05
渡邉 心 (4年)      13:58.99     28:57.01
渡邉 利典(4年)     14:09.65     29:05.19
一色 恭志(3年)     13:40.93     28:23.40
下田 裕太(2年)     14:06.85     29:12.92
田村 和希(2年)     14:00.61     29:09.61
中村 祐紀(2年)     13:57.40     29:02.88
梶谷 瑠哉(1年)     13:57.81     記録なし





【2015/10/17 22:35】 | 大学駅伝
トラックバック(0) |
本日行われた出雲駅伝はアンカー勝負で見事
青山学院が優勝しました。
まずは三冠に向け幸先の良いスタートが切れま
した。
序盤1、2区は駒澤のペースで進みましたが
駅伝の申し子「スマイル王子」久保田選手の
素晴らしい走りでトップにつけ、4、5区の激しい
デットヒートを経て、アンカー一色選手が駒澤
大塚選手を突き放し栄冠を手にしました。
青学の勝因はアンカーにエース一色を配し
アンカー勝負に持っていけば勝てるという共通
認識のもと特に4、5区で落ち着いたレースを
行い一色選手に繋いだことです。
もちろん久保田、一色選手は素晴らしい走りを
しましたが陰のMVPは山村選手ではないかと
思っています。
初レースとなった2年生二人もいい経験ができ
今後の駅伝につなげていくことでしょう。

【2015/10/12 22:18】 | 大学駅伝
トラックバック(0) |
出雲駅伝を明日に控え各大学の区間エントリーが
出揃いました。
青学は1,3,6区に小椋、久保田、一色の四天王
を配し、最短区間2区はスピードのある中村、4区
、5区には下田、山村を配し2度目の優勝を狙います。
自分のサプライズとしては、長い距離向きと思って
いた下田選手が伊藤、両渡邊を押しのけて出雲に
出走することです。
この配置は前半からレースを支配もできるし、多少
出遅れてもアンカーで逆転できる布陣で、4,5区
は重要な位置を占めると思います。
初駅伝となる下田君、今年の箱根で悔しい思いをした
山村君には悔いない走りを期待したいものです。
同じく初駅伝となる中村君は今年、全日本学生個人の
タイトルも取り実力は十分ですので、服部勇や潰滝ら
ビッグネームにびびらず力を発揮することを期待します。

青学の一番の対抗馬は駒澤と思います。
原監督は東洋をかなり意識しているようですが、
服部勇馬が本調子でなく2区ということで、さほどの
脅威は感じません。
それに対し主要選手を洩れなく配置した駒沢の穴のない
布陣はかなり強いと感じます。
早稲田も絶対的なエースはいないものの、そこそこ
やりそうなメンツです。
直前の記録会でPB出まくった山梨学院もアンカーに
ニャイロを配し5区までもつれさせれば勝機はあり
ますがそこまでの力はないと思います。
東海も穴のない配置ですが経験値が足りないか。
私の順位予想は次の通り。
青学ー駒澤ー早稲田ー東洋ー東海ー山梨学院
三位以下はどのような組み合わせになるか走って
みないとわからない混戦になると思いますが
青学、駒澤の2校は抜けており最後までもつれる
可能性ありますが、最後はアンカーの力の差で
青学が優勝すると思います。

各校エントリー
【駒澤】中谷-其田-工藤-馬場-西山-大塚
【明治】木村-江頭賢-齋田-牟田-田中-籔下
【青学】小椋-中村-久保田-下田-山村-一色
【東洋】高橋-勇馬-弾馬-口町-野村-櫻岡
【早大】武田-柳-中村-平-佐藤-井戸
【東海】川端-湊谷-春日-廣田-林-石橋
【中学】大森-潰滝-塩谷-海老澤-新井-山本
【山学】市谷-秦-佐藤-上田-河村-ニャイロ
【大東】北村-前田-原-大久保-中野-森橋


【2015/10/11 22:32】 | 大学駅伝
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。