趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の毎日JPで次のようなニュースが流れていた。

「かんぽの宿:総務省、独自鑑定調査の委託業者を選定」
 日本郵政の「かんぽの宿」の一括譲渡問題で、総務省は26日、独自の不動産鑑定調査を委託する業者を選ぶための一般競争入札を実施した。入札には7社が参加し、インターナショナル・アプレイザル(東京都港区)が393万2350円で落札した。
総務省は独自鑑定の結果を日本郵政の不動産鑑定や簿価と比較し、オリックス不動産への一括譲渡価格約109億円が妥当だったかを検証する。

いやーあきれた。
いくら総務省で高額な鑑定評価が出て、日本郵政サイドの簿価と比較し高い安いと騒いだところで、最終的な譲渡価格109億円が民間が一括で買える最高価格なのである。
ここで国民の税金を使って再鑑定評価をしても何の意味がない。売主サイドの鑑定評価は最低落札価格算出の参考程度にしかならない。
今回の入札は27社を7社に絞り最終3社(内住友不動産は辞退)で行ったものだ。
一括譲渡で3000人余の雇用継続と2年の転売禁止の前提で多数の入札会社が辞退や値を入れても50億円に満たなかった現実(簡単にいえば魅力のない案件)をどうとらえているのか。
まさしくそこがポイントだと思うのだが、マスコミは2400億円かかったものが、109億円はとんでもないとか簿価が固定資産税評価額の7分の一しかないとか、鳩山大臣に乗っかり本質的ではないところで騒ぎすぎである。
おそらくオリックスも数百億円の追加投資を考え長期での回収を前提とした入札価格であろう。

日本郵政サイドで最初からオリックスに落札させる意思を持ち、オリックスにも不正があったという確実な証明ができない限り、権力を有する人が不用意に疑惑を口にすることはあってはならないことである。
最近のオリックスの株価暴落は、この一連の騒ぎの影響を否定できないことから、鳩山大臣の責任は計り知れない。
スポンサーサイト

【2009/02/26 23:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
たまには時事ネタでも。
遅ればせながらの「かんぽの宿」問題ですが、ついに鳩山大臣が本音を言い出しました。
売買契約が白紙となったのを受けて、「民営化から5年以内という売却規定を見直してもいいし、売らないという選択肢もある」
まあ最初から旧郵政官僚から踊らされて、そこにもっていきたかったのだと思います。
それにしてもこの件の一番の被害者はオリックスですね。
鳩山大臣から確たる証拠もないのに、はなから出来レース、不正をしているが如くいわれ、理不尽なリピテーションリスクを負わされ(株価も下がりっぱなしで)、株主なら責任を取って欲しいと思っているでしょうし、大臣はオリックスの不正を証明できなかったらしっかりとした責任をとるべきでしょう。
大臣のカンとやらで民間の商行為が阻害され信用低下まで招くのはけっしてあってはいけないことです。

私も不動産に関わる業界にいますから、こういった規模のバルク案件にはFA(ファイナンシャルアドバイザー)がつき、同様な入札選考方法がなされることも十分理解できます。
価格にしても年間赤字40~50億円で従業員雇用確保、設備拡充のため追加投資が数百億円絶対必要となるディールで109億円はけっして安くないと思います。
事実、競合他社は投資不適格物件として降りたり、価格提示しても数十億円がほとんどだったようです。
2000億円かけたものが109億円は安すぎるという議論は全くナンセンスです。
このことでわかりやすい比喩が衆議院議員の牧原ひできさんのブログで述べられていましたので引用させていただきます。
「たとえば、皆様に相続が発生したと考えて欲しい。亡くなったお父さんが5億円で建築したマンションが現在では多少古くなって、管理費用等で毎年1億円の赤字が出ているが、関連する従業員は必ず抱えていかなくてはならない。このときに相続されるだろうか?500万円で従業員を解雇することなく引き受けてくれる人がいたら、どうするだろうか?5億円で建てたから5億円以下はだめだと考えるだろうか?」
牧原ひでき公式サイト

結局、だらだらと赤字をたれながし、つけを払わされるのは我々国民となってしまうのでしょう。
先ほど一番の被害者はオリックスと言いましたが国民に訂正させてください。
辛口なジャーナリストの菊池雅志さんのブログはプロとしての詳細な解説でわかりやすいのでご紹介しておきます。ご参考に。
kikulog

【2009/02/18 01:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
2月に入り、下記銘柄を購入しました。

4271日本カ-リツト:PBR0.55 PER6.38 優待込み配当利回りは6.5%
   電気系化学材料メーカー。先日の3Q決算では下方修正発表したが許容範囲。
   3月優待銘柄(商品券1500円)で、去年もお世話になりました。

6137小池酸素工業:PBR0.42 PER3.40 配当利回り(手取り)4.52%
   ガス切断機メーカー。溶接ガスでも大手。来期は厳しいだろうが、今期は2Q
   までの進捗から  会社計画は行けそうな感じ。3Q要チェックだが配当は3月
   一回で利回り的にはおいしい。

6259大崎エンジニアリング:PBR0.52 PER3.27 配当利回り(手取り)3.95%
   大崎電気工業系のFPD関連装置メーカー。ここも今期は健闘しているとの
   評判。周辺業界は厳しい決算が多いので楽観はできないが、買ってみた。

8118キング:PBR0.26 PER11.48 優待込み配当利回りは8.4%
   レディスの中堅アパレル。新設優待銘柄(図書券1000円)。意外といっては
   失礼だが、キャッシュリッチな会社で株主資本比率も80%を超えている。
   堅実さと優待に惹かれ子供名義でも購入。

それと子供名義で持っている2450一休が2日連続ストップ高。発行済み株式の5.5%の自己株式取得をネタに2日もストップ高するとは、私が多く保有する中堅製造業などではまず考えられない現象。

【2009/02/04 23:39】 | 株式投資
トラックバック(0) |
基本的に騰落率は昨年来から保有している銘柄は年初来のものですが、今年に入って購入しているものは購入価格との比較です。

1月度合算騰落率(年初来):-2.371%

昨年からの悪い流れは断ち切れず、今年もマイナススタート。
但し、TOPIX(-7.59%)JASDAQ(-8.82%)との比較ではアウトパフォームしているので、今後に期待。
今年に入り購入した銘柄は、2185シイエム・シイ、3377アイケイコーポレーション 、4767栄研化学、4653ダイオ-ズ、4838スペースシャワーネットワークス、6163H&F、6319シンニッタン、7456松田産業の8銘柄。
全部売却は3265ヒューリック、3710ジョルダン、4767TOW、7230日信工業、7613シークス、7928旭化学工業の6銘柄、一部売却も5銘柄あり少しキャシュポジションを空けてあります。

保有銘柄
09/01

【2009/02/01 12:14】 | 月次報告
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。