趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついでにハーフランキングも。

ハーフ
1. 一色 恭志(4年)   62:09
2. 田村 和希(3年)   62:22
3. 下田 裕太(3年)   62:22
4. 秋山 雄飛(4年)   62:29
5. 中村 祐紀(3年)   62:35
6. 池田 生成(4年)   62:46
7. 森田 歩希(2年)   63:01
8. 橋詰 大慧(2年)   63:36
9. 安藤 悠哉(4年)   63:37
10.村井 駿  (4年)   63:51
11.吉永 竜聖(3年)   63:55
12.茂木 亮太(4年)   64:01
13.林 奎介  (2年)   64:03
14.近藤修一郎(3年)   64:06
15.田村 健人(4年)   64:08
16.梶谷 瑠哉(2年)   64:12
17.小野塚隆珠(4年)   64:46  
18.石川 優作(3年)   64:49
19.鈴木 悠日(4年)   64:57
20.小野田勇次(2年)   64:57

スポンサーサイト

【2016/03/31 23:33】 | 青山学院
トラックバック(0) |
引き続き10000mのランキングです。
(但し30分以内)
昨シーズンは実に11名の28分台が
揃いましたが、最強世代が卒業し
現状6名に留まっています。
これに5、6名が加わってくれば
自ずと箱根3連覇が見えてくるもの
と思います。

10000m
1. 一色 恭志(4年)   28:23.40
2. 下田 裕太(3年)   28:33.77
3. 中村 祐紀(3年)   28:34.66
4. 田村 和希(3年)   28:46.81
5. 池田 生成(4年)   28:51.31
6. 秋山 雄飛(4年)   28:58.93
7. 茂木 亮太(4年)   29:00.67
8. 貞永 隆祐(3年)   29:02.52
9. 安藤 悠哉(4年)   29:03.25
10.田村 健人(4年)   29:11.56
11.村井 駿  (4年)   29:48.55
12.内田 翼  (4年)   29:52.34
13.大越 望  (3年)   29:53.19
14.森田 歩希(2年)   29:58.37

全般的に30分以内14名はまだまだ
少ないと思います。
ここでも2年生の奮起を期待します。

【2016/03/31 23:08】 | 青山学院
トラックバック(0) |
2015シーズンも終わり、現時点での
ランキング(20位まで)を記載しておきます。
(学年は新年度のもので新入生も含む)
駅伝シーズンまでどれだけ更新されるのか
楽しみです。

5000m
1. 一色 恭志(4年)   13:40.93
2. 秋山 雄飛(4年)    13:53.76
3. 中村 友哉(1年)    13:56.81
4. 中村 祐紀(3年)   13:57.40
5. 安藤 悠哉(4年)   13:57.75
6. 梶谷 瑠哉(2年)   13:57.81
7. 富田 浩之(2年)   13:58.17
8. 吉永 竜聖(3年)   14:00.00
9. 田村 和希(3年)   14:00.61
10.茂木 亮太(4年)   14:03.69
11.大越 望  (3年)   14:04.23
12.下田 裕太(3年)   14:06.85
13.田村 健人(4年)   14:08.75
14.永井 拓真(1年)    14:11.16
15.鈴木 塁人(1年)    14:12.31
16.中根 滉稀(1年)    14:14.10
17.近藤修一郎(3年)   14:15.06
18.小野田勇次(2年)   14:15.70
19.村井 駿  (4年)   14:15.91
20.池田 生成(4年)   14:16.14

こう見ると各学年まんべんなくいるが
2年が少し層が薄く、又、記録も高校
時代のもので、青学時代を続けるため
にはこの代の奮起が期待される。

【2016/03/31 22:41】 | 青山学院
トラックバック(0) |
新シーズンの幕開けは2日の世田谷陸上
競技会から。
私も観戦の予定です。
青学勢のエントリー(5000m)は次の通り。
期待の新入生は仲君と谷野君以外の12名が
エントリー。
主なエントリー漏れは
4年:安藤、池田、内田
3年:石川、大杉、貞永、下田、吉永
2年:木村、桂川、富田
エントリー漏れの中には3日の日本平、10日の
焼津出場選手も含まれていると思うが怪我で
合宿走れていない選手もいたので心配です。
なお同日の金栗記念には秋山君が出場予定。

出場予定(5000mベスト)
15組
一色 恭志(4年)  13:40.93
田村 健人(4年)  14:08.75
田村 和希(3年)  14:00:61
中村 祐紀(3年)  13:57:40
小野田勇次(2年)  14:15.70
梶谷 瑠哉(2年)  13:57.81

14組
林  奎介(2年)   14:30.76
森田 歩希(2年)  14:18.84
鈴木 塁人(1年)  14:12.31
竹石 尚人(1年)  14:26.09
永井 拓真(1年)  14:11.16
中根 滉稀(1年)  14:14.10

13組
茂木 亮太(4年)  14:03.69
大越 望  (3年)  14:04.23
小田 俊平(3年)  14:22.07
近藤修一郎(3年)  14:15.06
山田 滉介(2年)  14:29.09
植村 拓未(1年)  14:16.97
田辺 浩司(1年)  14:21.99
中村 友哉(1年)  13:56.81
花田 凌一(1年)  14:24.39
吉田 祐也(1年)  14:26.75

11組
小野塚久弥(2年)  14:49.35
橋詰 大慧(2年)  14:16.15
橋間 貴弥(2年)  14:27.90
花輪 瑞貴(1年)  14:33.28

10組
小野塚隆珠(4年)  14:31.55
上村 臣平((1年)  14:39.76

7組
鈴木 悠日(4年)  14:26.50
松田 岳大(2年)  14:36.56
生方 敦也(1年)  14:18.27

6組
稲村 健太(3年)  14:55.62

【2016/03/30 23:24】 | 記録会
トラックバック(0) |

テスト
五十肩男
テストです。

コメントを閉じる▲
昨日、最強世代といわれた4年生が
卒業式を迎え、感慨深いものがあり
ますが、今週末には金栗記念や世田谷
記録会があり2016シーズンが開幕します。
そこでこの春入学する新入生の紹介を
何回かに分けて行いたいと思います。
まずは判明している新入生14名を
5000mの持ちタイム順に紹介します。

氏名(出身高校)    5000mPB
中村 友哉(大阪桐蔭)  13:56.81
永井 拓真(水城高校)  14:11.16
鈴木 塁人(流経大柏)  14:12.31
中根 滉稀(流経大柏)  14:14.10
植村 拓未(世羅高校)  14:16.97
生方 敦也(佐野日大)  14:18.27
田辺 浩司(北海道栄) 14:21.99
花田 凌一(西京高校)  14:24.39
竹石 尚人(鶴崎工業)  14:26.09
吉田 祐也(農大三高)  14:26.75
仲 正太郎(柏日体大)  14:30.70
花輪 瑞貴(韮崎高校)  14:33.28
上村 臣平(九州学院)  14:39.76
谷野 航平(都日野台)  15:13.37

【2016/03/27 23:24】 | 青山学院
トラックバック(0) |
最近ブログの更新をさぼりにさぼって都道
府県駅伝以来の更新となってしまいました。
その間神奈川ハーフ、丸亀ハーフ、福岡
クロスカントリー、鹿島祐徳ロードレース、
そして東京マラソンと注目ロードが目白
押しでしたが全く更新できていませんでした。
今更結果を書き込んでもなんですから
本日は東京マラソンで日本人2位に入り
俄然注目の的となった下田裕太選手(2年)
の入学から東京マラソンまでの歩みを
追ってみました。

下田選手は静岡の加藤学園から2014年
4月に青山学院大学教育人間学部に入学。
入学時5000m持ちタイム14:37.18は、同期
12名中10番目のタイムで決してエリート
として入部したわけではなかった。

2014.4.5  世田谷5000m 14:32.63 PB
2014.4.13  日体大5000m 14:42.71
2014.4.27  日体大5000m 14:37.72
2014.5.31  日体大5000m 14:43.42
2014.6.15  日体大5000m 14:35.25
2014.7.5  世田谷5000m 14:33.77
2014.10.4  世田谷5000m 14:33.80

入学早々の世田谷で5000mPBを出し、
幸先良いスタートを切ったがその後
走れども走れども30秒を切れない。
しかし長い距離に適性があるのをみせ
たのが秋の10000m初レースだった。

2014.10.25 日体大10000m 29:17.75 初
2014.11.9  世田谷ハーフ  1:06:18 初
2014.11.23 学連 10000m 29:12.92 PB 

秋の安定した10000mの実績から本戦
出場はかなわなかったが箱根の登録
メンバーに抜擢される。
明けて2015年から下田選手大躍進の
年が始まる。
高根沢ハーフで大会新で優勝すると
学生ハーフでは62:22のPB更新。

2015.1.11 高根沢ハーフ 1:03:16 優勝
2015.2.1  神奈川ハーフ 1:05:06
2015.3.1  学生ハーフ   1:02:22 PB

4月になりしょっぱなの記録会で念願の
5000mPBを1年ぶりに更新すると
関カレハーフも4位入賞としだいに中心
選手の仲間入りを果たした。

2015.4.4  世田谷5000m 14:14.18 PB
2015.4.12 焼津ハーフ   1:04.32 3位
2015.4.25 日体大10000m 29:22.55 
2015.5.17 関カレハーフ  1:04:50 4位
2015.5.30 世田谷5000m 14:09.31 PB
2015.6.13 学生個人5000m 14:10.81 7位
2015.7.4  世田谷5000m 14:06.85 PB

夏合宿も順調に走り込めた下田選手は
秋の駅伝に絶好調でシーズンインし
三大駅伝全てに出走した。
これは四天王といわれた久保田、小椋、
一色と下田選手のみであった。

2015.10.12 出雲駅伝4区 6位
2015.11.1 全日本駅伝5区 区間賞
2015.11.8 世田谷ハーフ 1:05:59(調整)
2015.11.21 学連記録会10000m 28:33.77PB
2016.1.3  箱根駅伝8区 区間賞
2016.2.7  神奈川ハーフ 1:03:41 4位
2016.2.28 東京マラソン 2:11:34 日本人2位

下田選手の2年間の軌跡をみて14分30秒が
あれほど切れなかった選手がたった2年で
日本中に名前を轟かせるとはまさに奇跡だ。

【2016/03/01 22:44】 | 青山学院
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。