趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発した。終値は前週末比124円22銭(0.71%)高の1万7677円94銭。東証2部株価指数、日経ジャスダック平均株価は3日続落。
マイポートフォリオは、日経平均とは大きく乖離し、先週末比0.53%の下落。

シーズクリエイト(8921)は、予想通りストップ安でしたが、あまりに売りが多く私の分は約定せず。
本日の持株の決算発表は、三谷セキサン(5273)、CKD(6407)、たけびし(7510)がありました。3社とも前期実績は申し分なし。三谷セキサンは、珍しくアグレッシブな今期予想。たけびしは横ばい予想。場中に発表したCKDは、今期予想が前期割れでしたが、ヒステリックと思えるほど下げていました。こんなに下げると発表時に株を持っていること自体が、かなりのリスクになってしまいます。発表前に一旦売却が正解かもしれません。特に四季報予想が良い銘柄や前期好決算銘柄(どうしても今期予想が保守的になりがち)は要注意です。前期下方修正や四季報で今期減益予想の銘柄の方が持ち越すには安全かもしれません。

本日の取引

売り:7504 高速  692円×200株 (全部売却、原価691円)

買い:3784 ヴィンキュラムジャパン  142,000円×2株(新規購入)

ヴィンキュラムジャパンは前期はいまいち。ただ3月に発表した中計によれば、利益計画達成には毎期20%アップが必要なので、今期会社計画は四季報予想を上回ると思われます。明日の決算発表待ちで購入。(ちょっとギャンブル)



スポンサーサイト

【2007/05/14 23:04】 | 株式投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。