趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸し、前日比28円62銭(0.16%)高の1万8240円30銭と、2月26日の年初来高値(1万8215円35銭)を更新し、2000年5月2日以来、約7年ぶりの高値水準になった。東証2部株価指数、日経ジャスダック平均株価も6日続伸。
マイポートフォリオは、前日比0.77%のアップといい感じになってきてます。

本日、3%以上の動きのあった持株は、中間決算発表後下げていた2420CHINTAI(+3.12%)、5273三谷セキサン(+4.46%)の2銘柄。
CHINTAIは特に売り込まれるような決算ではなく、今日は見直し買いが入っていたようです。
超割安銘柄三谷セキサンは四季報発売後、順調に上がっており、出来高も増加してきています。三谷商事同様、年2回配当となる旨、発表していました。この銘柄の物足らない点は配当性向低すぎることです。

本日の取引  なし
スポンサーサイト

【2007/06/21 23:59】 | 株式投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。