趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、終値は前日比263円72銭(2.06%)高の1万3092円78銭で、21日以来、3営業日ぶりの1万3000円台を回復。東証2部株価指数は続伸し、日経ジャスダック平均株価もやっと4日ぶりに反発。
マイポートフォリオは、前日比+3.96%と2日連続上昇。これでも1月をとんとんに終えるには月内毎日3%上がらないといけないぐらい沈んでいます。

本日、3%以上の動きのあった持株は、3442MIEコーポレーション(+3.85%)、3512日本フエルト(+3.76%)、4271日本カーリット(+5.79%)、4653ダイオーズ(+6.37%)、6141森精機製作所(+3.06%)、6155高松機械工業(+3.38%)、6262ペガサスミシン製造(+3.77%)、6345アイチコーポレーション(+6.44%)、6407CDK(+6.74%)、6794フォスター電機(+5.10%)、7970信越ポリマー(+5.52%)、8053住友商事(+4.62%)、8879東急リバブル(+10.29%)、8935FJネクスト(+4.40%)、9888UEX(+9.55%) の15銘柄(全て上昇)。

本日目立ったところでは東急リバブルが買いを残してのストップ高で大引け。不人気不動産セクターではあるけれど仲介中心の手数料商売。ROICの指標などから見れば、抜群に効率性の高い企業で、高配当、優待を考えればお買い得銘柄と思っています。
スポンサーサイト

【2008/01/24 23:35】 | 株式投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。