趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら5日続落し、終値は前日比19円64銭(0.14%)安の1万3829円92銭。TOPIXは反落(-0.23%)。
マイポートフォリオは、元気なく前日比-0.83%ダウン。

本日3%以上の動きのあった持株は、5457住友鋼管(+3.41%)、7014名村造船所(-3.19%)、8879東急リバブル(-3.00%)の3銘柄。
5457住友鋼管は、一時マイナス3.5%までもぐってからの上昇。知らない間に指値がヒットしていました。7014名村造船所はよくも連日下げるものです。8879東急リバブルは優待のカタログが届いていました。かなり立派なカタログでびっくりしました。高配当と優待を考えれば少々の下げは我慢しましょう。
今なにかと話題となっている不動産セクターですが、私の保有しているのは東急リバブルと東証2部上場の8935FJネクストのみです。 FJネクストは投資用ワンルームのマンデベですが、いわゆるファンド向けの仕事はしておらず、この時期でもさほど心配していません。(株価はずっと低迷していますが)

本日の取引

買い:5457  住友鋼管   806円×100株(追加購入)
   7550  ゼンショー   562円×100株(再購入)

それと昨日(24日)、4767テー・オー・ダブリュー を590円で買い増ししました。

3月優待分をゲットしてからトントンで売却したゼンショーを9月の優待権利取りのため買い戻ししました。前回売却価格が720円でしたので、かなり下がってきました。優待の改悪さえなければ年間6千円の優待(お食事券だが使える店舗多い)と手取り1020円の配当で12.5%の利回りは魅力あります。
住友鋼管は何故かナンピン買いしてから急上昇。特にIRあったわけではなくよくわかりませんが、上がることにはノープロブレムです。
スポンサーサイト

【2008/06/26 01:44】 | 株式投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。