趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日間に亘った今年の関カレも青学は2部3位に終わり
一部昇格は果たせませんでした。
やはり昇格には短距離とフィールド強化が不可欠で、今のまま
では運よく昇格しても速攻で落ちるのは目に見えており、それ
なりの強化を望みます。
さて長距離種目の青学勢の結果は次の通りです。

1500m
茂木 亮太(3年)  3:48.31 2位
吉永 竜聖(2年)  3:48.40 3位
梶谷 瑠哉(1年)  3:48.90 4位
桜美林大のモタンヤ選手のDNSから次に持ちタイムの良い
上武:井上選手が優勝。青学勢も2,3,4位と大量得点を
ゲットした。

3000mSC
山村  隼(4年)   8:56.08  3位
小野塚久弥(1年)  9:28.07  予選落ち
木村 光佑(1年)   9:15.16  予選落ち
余程のアクシデントがない限り山村選手の優勝は固いと
予想しましたが、そのアクシデント(シューズが脱げる)が
あり大きなロスが出ましたが、よくぞ3位まで戻したと思い
ます。

5000m
一色 恭志(3年)  13:59.38  3位
伊藤 弘毅(4年)  14:07.66  8位
小椋 裕介(4年)  14:12.62  9位
初の晴れ舞台に上がった伊藤選手の8位入賞は見事でし
たが、一色、小椋選手の1.2フィニッシュを期待して見て
いた身からすれば、少し残念な結果でした。
それにしても優勝した潰滝選手(中学)の強さjは群を
抜いていました。現状、トラックでは学生最強ではないで
しょうか。

10000m
中村 祐紀(2年)  29:30.48  6位
安藤 悠哉(3年)  30:06.83  21位
田村 和希(2年)  30:53.71  31位
中村選手は何とか粘り、入賞を果たしましたが、
他2選手は期待倒れとなりました。
特に田村選手は見事に撃沈。長い距離を得意に
している(といわれている)青学としては、少し残念
な結果となりました。

ハーフマラソン
池田 生成(3年)  1:04:37  優勝!!
下田 裕太(2年)  1:04:50   4位
田村 健人(3年)  1:06:19   12位
これまで優勝のなかった青学長距離チームに、最後の
最後に見事池田選手が優勝、それも大逆転にて結果を
出してくれました。
下田選手も4位入賞。留学生をただ一人追う積極的な
走りは今後のレースに必ず生きてくると思います。
このクラスが成長して、怪我で苦しんでいた4年生も
復活してきており、果たして箱根のメンバーはどうなって
いるのでしょうか。外せない選手が多すぎてファンとしては
ドキドキワクワク感でいっぱいです。
スポンサーサイト

【2015/05/18 22:36】 | 青山学院
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。