趣味の大学駅伝、野球、株式投資などを語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日行われた出雲駅伝はアンカー勝負で見事
青山学院が優勝しました。
まずは三冠に向け幸先の良いスタートが切れま
した。
序盤1、2区は駒澤のペースで進みましたが
駅伝の申し子「スマイル王子」久保田選手の
素晴らしい走りでトップにつけ、4、5区の激しい
デットヒートを経て、アンカー一色選手が駒澤
大塚選手を突き放し栄冠を手にしました。
青学の勝因はアンカーにエース一色を配し
アンカー勝負に持っていけば勝てるという共通
認識のもと特に4、5区で落ち着いたレースを
行い一色選手に繋いだことです。
もちろん久保田、一色選手は素晴らしい走りを
しましたが陰のMVPは山村選手ではないかと
思っています。
初レースとなった2年生二人もいい経験ができ
今後の駅伝につなげていくことでしょう。
スポンサーサイト

【2015/10/12 22:18】 | 大学駅伝
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。